​オランダのスフェベニンゲン出身のアーティスト。1990年からPVCを用いて動く巨大なメカニズムを創り始め、テオはそれらを”ストランドビースト”と命名。今ではこ"Kinetic Sculpture"(動く彫刻)として世界中で注目されており、また、彼自身も“現代のダ・ヴィンチ”と称されている。アートと物理の原理を取り入れた彼の作品は、アートと科学の融合の産物という意図も込められている。現在、テオは夏にビーストたちを浜辺で自由に歩かせるべく、オランダの田舎にあるラボでストランドビーストの創造に情熱を注いでいる。

テオ・ヤンセン日本公式HP

​テオ・ヤンセン

|